♪音楽禁止令、ブラック金太郎のある日

♪音楽禁止令、ブラック金太郎のある日

ときは2025年、世界大統領のイルゲルト・マッコイは、子供の頃苦手だった科目、音楽を世界からなくそうと法案を議会に提出。僅少で法案は可決し、世界中から音楽が消えた。この歌は、そんな過酷な状況のなか、歌い続けている地下音楽居酒屋、ブラック金太郎の同志諸君に、捧げる。

俺たちは、歌い続ける〜♪
たとえ、試練があろうとも
俺たちは、戦い続ける
今日もブラック金太で〜♪

「山」
「川」
「違う」
「あ、そうか、もう一度、お願いします」
「山」
「口百恵」
「よし、入っていいぞ」

ブラック金太郎の入店セキュリティは完璧だった。店主の問いかけに対して、客は「歌いびと」の名前で答えなくてはならない。音楽を愛する者にとっては造作もないことだったが、なにせ世界中で音楽は禁止されているのだ。人々はミュージシャンの名前をほとんど覚えていなかった。

「沢」
「田あやこ」
「なに?」
「…」
「沢田亜矢子も確かに歌ってたけど、もっと、ほら、有名な。もう一度行くぞ、沢」
「田研二」
「よし」

俺たちは、歌い続ける〜♪
壁際に寝返り打ちながら
俺たちは、戦い続ける
バーボンのボトルを抱いて〜♪

そんなブラック金太郎だったが、相変わらず、金曜と土曜は客が多い。今日は月の第三土曜日。大量入店が予測される。そう、今日はあの、華麗に復活を遂げた日本最大のレジスタンス・コーラスグループがやってくるのだ。

「コーラス」
「どんぐり」
「あ、どうぞ、お入りください。どんぐり様」

コーラス・どんぐりは、いまや歌いびとの希望である。他の人がどれだけロックやブルース、カントリー、はたまた歌謡曲そして演歌に移行しようとも決して自らの音楽を変えず、フォーク一筋。平和と自由をこよなく愛する歌を歌い続けて半世紀。世界から音楽が禁止されて、いち早くレジスタンス活動を開始したのは、ほかでもない、コーラスどんぐりだったのだ。

それはフォーク・ミュージックという、さだや、長渕、みゆきさん、拓郎やこうせつおじさんといった、一見、穏やかそうな、しかし、怒ると怖い人たちの歌の魂をしっかり受け継いだ反体制地下活動組織だった。

会長はもちろん、井上さんだ。コーラスどんぐりは年功序列。そして、事務局・兼・伴奏は馬場先輩、会計はいつも最年少のゾメだった…。

どんぐりは、歌い続ける〜♪
平和と自由のために
どんぐりは、戦い続ける
明るい未来のために〜♪

今日もまた、どんぐりに新規入会希望者の列ができている。土曜日のブラック金太郎ですっかりおなじみになった光景だ。

「はい、次の希望の方、どうぞ」
「どうも」
「名前は」
「相浦といいます」
「本名のことじゃない。あなたのミュージック・ネームのことだ」
「タッキーと呼ばれとります」
「タッキー…ね…。サークル名で重複は…ないな。で、どうしてどんぐりに入ろうと思ったの?」
「好きですけん、音楽が」
「ふむ…なるほど…」
「…」
「今日はちゃんと持ってきた?あなたの一番好きなミュージシャンの写真」
「はい、持ってきました。いろいろ考えたんですけど、やっぱり大学の先輩でもある佐野元春かなあと」
「フォークじゃ、ないね?」
「えっ。はあ。まあ、そうですね」
「うちの組織がフォークの団体だということは知ってるよね?」
「はあ、まあ、知っとります」
「それなのに佐野元春…ふむ…このエントリーシートによるとだね、あなた、ギター弾くね?」
「はい」
「スケールは?」
「スケールですか?」
「このシートの好きなもの欄に、ペンタトニックと深夜アニメとあるんだけど?…深夜アニメの方は、まぁいいでしょう。問題はペンタトニックだ」
「問題ですか、そこが」
「問題だね。好きなコードは?」
「好きなコードですか?それはもちろん」
「…」
「E」

タッキーはどんぐりに入れるのか?〜♪
たとえ試練があっても
タッキーは戦い続ける
明るい未来のために〜♪

「そこは、やはりCでしょう⁉」
「Cですか。」
「本当はもっと凄い、悲しみを帯びた世界最高の無敵なコードがありますが、今日のところはやめておきましょう」
「もしかしてそれはAmのことですか」
「!あんた、なぜそのコードのことを知ってるんだ?フォークでもっとも重要かつ、世界の数人しかうまく弾けないという伝説のコードネームを!…まあ、いいでしょう。少しは見込みがあるようですね。それでは最終テストです。その、佐野なんとかの写真を足元に置いて」
「なんば、するとですか?こう、ここに、こう置けばいいとですか?」
「…いいでしょう。そしたら、それを」
「…」
「踏んで。」

タッキーに課せられたつらい仕打ち〜♪
フォークじゃないんだよ元春は
タッキーは、どんぐりに、入れるのか?
明日の世界のために〜♪

「ほら、どうした踏めないのかね?」
「ううっ、うっうっー」
「どうした?反体制地下組織、どんぐりはフォークの団体だ!あんた、どんぐりに入りたいんだろう?ロックの写真なんて踏めるはずだ!」
「踏めません!僕には踏めません!」
「踏むんだ!写真を踏むんだ!」
「フォークなら、さだも好きですけん、それで勘弁してつかあさいっ」
「あんた、佐野元春の写真、持ってきてるじゃないか!一番好きなのは佐野なんだろう?さだじゃないんだろ?
踏め!踏むんだ!いまここで」
「踏めない!僕には踏めましぇん!元春が好きだから!フォークだけじゃなくて、音楽が、音楽が、好きだから!」


「その…ことばを待っていた。入会おめでとう!」

俺たちは歌い続ける〜♪
たとえ、試練があっても、おーおー
今日も自由を求めて
人々が金太に集う〜♪

♪3Q88


(「金太郎ギター」にて。作詞・作曲 by 日本さだ連合あめ玉、演奏 by あめ玉 永遠の17歳)

馬場先輩が50歳になったというので、「肩もみ券」と、「バースデーソング」どちらにしようか迷ったが、やはり、ほれ、音楽家だから。バースデーソングを作りました。

~馬場先輩50歳誕生日記念ソング~「3Q88」

日本さだ連合、あめ玉

① それは、遥か30年前の話。僕がまだ、ピュアだったころ
大学に入ってとんがってた僕は、サークルも入らず独り過ごした。
1年が過ぎ、友達も出来ず、くらい、くらい毎日
そのとき見つけた、女子の比率の高いサークル…
それが、コーラスどんぐり

② 入部のきっかけは、女子の件もあるが、実はひとつの曲。「♪君のために♪」
そんな可愛い曲をつくった先輩の名は宇宙猿人「ゴリ」
ゴリさんには高校からの同級生がいて、それが、馬場先輩
年の離れたゴリさんはすぐに卒業しちゃったけれど…
心優しい馬場先輩はずっといっしょに居てくれた。

③ 僕はゴリさんを「師匠」と仰ぎ、かばん持ち、肩もみ、しない弟子。
ギターに関しては馬場先輩を師匠と思ってるけど、未だに入門、許可されていない。
よかとぴあ直前の百道を歩き、小国温泉、鶏(とり)の丸焼き食べて
朝までギターを弾いて、かなりDEEPな音楽談義…
温泉につかる僕らふたりを見て、若いカップルが何か妙に勘違いして逃げて行った。

④ 「おもしろい楽譜がある」と、渡されたのはたしか、ビバルディの「四季」
僕も音楽好きの端くれだから、そりゃあ、二人でやれば美しいのはわかります。
でも、あなたほど真面目に練習できない。正確なピッチは刻めない。
まったく成長しないふがいない後輩に愛想尽かして…
見つけたのが、ボーカロイド、初音ミク。

⑤ ミクちゃんをつかって作り続けた、子供ミュージカルも早、10年。
最新のステージ、ピアノを任された。「弾いてくれ」と言われたのがここ、金太郎。
ビールに焼酎。アルコールで震える手で弾いたアレをこつこつクオンタイズ…
信じられない根気と粘り強さで…
アルコールの震えも修正できます!それが馬場マジック。

~美しい間奏~

⑥ ここらでそろそろ語ろう、結婚問題。今年も馬場先輩は独身貴族。
でも僕は知っている。学生時代、ギターを教えるといって女の子を連れ込んでいたことを。
詳しくリサーチしてみると、「ギター教えてください!」といってきたかわい子ちゃんに
一所懸命コードを教えて、何もしないで笑顔で帰す馬場~っ。ばっか~
何―してんだ~、青春とは何か~

ぽろぽろりーん

⑦ それは、遥か30年前の話。ぼくらの青春の日々が鮮やかによみがえる。
コーラスどんぐり夏冬OB会。幹事はいつも馬場先輩。
メールの返信、したことない。会場の手配、誰も知らない。
それなのに変わらず、当たり前のように~
歌い、語らい、思い出す~
僕らのステージ、ありがとう馬場。

伴奏はいつも、馬場。会計はいつも、ぞめ。
ババなのにジジ、爺なのに馬場。
世界でたった一人の
馬場、馬場、馬場~~~~。

それはわずか、30年前の話。

♪やればできる子♪(歌詞だけ)

♪やればできる子(感嘆!Rock形式)♪

         by Bobhon Kakimoto(永遠の17歳)

「全国5,000万人の「やればできる子」に。あ、俺もか」

おかーさんは言っていた。僕は「やればできる子」だって。
先生も言っていた。僕は「やればできる子」だって。
だからユートーセイ。僕は優等生。
だって、僕は「やればできる」んだもんっ。

おかーさんは言っていた。「あぶないからおよしなさい」
おとーさんも言っていた。「お前にできるわけない」
だからハンコーシン。僕は反抗心。
え、だって、僕は「やればできる」んでしょう?

ああ、春の陽だまりの中で僕は考える・・・
6月の雨にぬれて僕は考える・・・
夏は暑いからまだちょっと・・・。
秋が過ぎるの待って・・・
冬に結論だそうか?

おお、いつやるの?(いまでしょ:林先生の声で)
おお、いつはじめるの?(いまでしょ:林先生の声で」
僕はやれば、やれば、できる子なんだから
やってやれないコトはない。

タナカ社長は言っていた。Plan-Do-Seeいろいろあるけど
「Doが一番大事。これ、大切」
僕はキイテイタ。しっかり聞いていた。
そうか。ドゥが大切なのだな、と

でもまるで風のように、コトバは流れた
スマイルの裏側で、意味は薄れた
僕はキコエナイ。何も聞こえない
ええと、つまりなんだったっけ?

ああ、1日がまた始まる。僕は考える・・・
今日は金曜だから、僕は考える・・・
来週からはきっとやる気にあふれる僕が・・・
この僕を上書きして・・・
生まれてくる!

おお、いつやるの?(いまでしょ:林先生の声で)
おお、いつはじめるの?(いまでしょ:林先生の声で」
僕はやれば、やれば、できる子なんだから
やってやれないハズはない。

君もそうだろ?
そうだと言ってくれ。
いっしょにぬるい、ぬるい生活しようぜ。
君が変わらなくても世界は何も変わらない。

でも・しかし・バット・けれど、
もし、もし、もし
俺たちが変われば、劇的に変われば、
好きなあの子が振り向いてくれるかもしれないんだぜ

それは事件だって
かなりの変化だって
自分世界に、いま革命を起こし
北へ向かえ
今すぐに
北へ向かえ